!!IshimaruShinichi.jpg

1945年の初夏、
一人の特攻隊員が敵空母に爆弾を積んで
ゼロ戦で特攻しました。

弱冠22歳で南の海に散ったのです。

操縦桿を握っていたのは
名古屋軍の野球選手、石丸進一投手。

職業野球の選手でしたが、
日大の夜間部にも学籍があったので
学徒出陣での招集でした。

九州、佐賀商業のエースとして活躍。
兄の藤吉がいた名古屋軍に入団。

1943年には20勝12敗、
防御率1.15の好成績を残し、
対大和戦ではノーヒットノーランも達成した
戦前屈指の好投手です。

出撃前日、キャッチボールを行った話は
あまりにも有名ですが、

目撃した報道班員によると
わずか10球ほど投げて
「これで思い残すことはない。さよなら」と
報道班員に向かって言ったそうです。

戦争や特攻を賛美する気は
毛頭ありませんが、

「自分」の幸せばかりを追求して
「自分探し」ばかりしている現代の日本人には
想像もつかない心境です。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2017.06.29 Thu l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/3408-07a663b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)