FC2ブログ
20180106.jpg

仕事の後、雑務を片付けていると
診療所の電話が鳴った。

この時間にかかってくるのは
たいてい昼間拝見した患者さんからの問い合わせが多い。

見慣れない携帯番号だったが
受話器を取った。

高齢の女性だった。

最初はよく聞き取れなかったが
小学校低学年のときの担任の先生からだった。

昨年暮れに保土ヶ谷区の
介護付き有料老人ホームに入られたとのこと。

それまでは自分の診療所から
1キロ足らずの施設に数ヶ月だけだが
入所されていたそうだ。

自分の診療所の看板、広告を
ご覧になって「会いに行けば良かった」と
わざわざ電話を下さったのだ。

御年九十二歳。

転校して入学した自分のことを
細かく憶えていらっしゃることに驚く。

矍鑠とした口調でお話を伺っていると
記憶は半世紀昔に舞い戻った。

途端に両目から
理由もなく涙があふれて
別れの挨拶は声にならなかった。

先生、大丈夫です。
もう教科書をラクガキのマンガで
埋めつくすような真似はしていません。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2018.01.06 Sat l 思い出 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/3485-080a5b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)