FC2ブログ
20180109 (2)

後楽園球場の三塁側内野席の前で
キャッチボールをしている星野仙に向かって
「ほしのー、ほしのー」と叫んでいると

星野仙は突然こっちを向き
「どうや、学校は楽しいか」と突然話しかけてきて、
驚いて周りをキョロキョロ見渡す自分に
「お前に聞いとるんだよ。しっかり返事せんか」と
少年ファンにも厳しかった星野仙一さん。

今は楽天の球団取締役副会長で
中日、阪神でも監督を務めた
星野仙一さんが1月4日に亡くなられました。

熱狂的な中日ファンで
「ドラゴンズとはすなわち星野仙」という感覚で
子ども時代を過ごした自分としては

中日の監督を辞めた直後の2002年、
阪神の監督に就任した時は「このやろう、裏切ったな」と
思ったものでしたが、
今となってはもうどうでもいいことです。

とにかく巨人のV10を阻んだ
1974年の中日ドラゴンズのエースであり、
リーグ優勝を決めたときの笑顔が忘れられません。

手強い相手にこそ、闘志を燃やして挑む姿は
多くのファンの生きる糧となっていました。

愛妻家だった星野さん。
奥さまと一緒に天国からプロ野球界を
厳しく見守ってくれることと信じています。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2018.01.09 Tue l 思い出 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/3486-55666c81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)