!!11.jpg

父の11回目の命日でした。

親を思う気持ちは
ひとそれぞれ、いろいろあると思います。

親に感謝し、
親を尊敬できる幸せな方もいれば、

こうなったのは親のせいだと
恨みつらみを抱いて
自分のことは棚に上げている方もいます。

ただひとつ、
はっきりしていることは
親の気持ちは
親にならないと分からないと言うことです。

父の晩年に
週一回、診療所に手伝いに行きながらも
自分は父とほとんど会話もしませんでしたが、

今頃になって父に話したいことが
たくさんあって困ります。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2018.01.29 Mon l つぶやき l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/3491-fe732ce6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)