FC2ブログ
20180709.jpg

2017年まで製造された高血圧症の
とあるジェネリック医薬品が
発売中止になり自主回収されることになりました。

原材料が中国製でその中に
発がん性物質「N―ニトロソジメチルアミン」が
混入していたそうです。

現時点で健康被害の情報はないそうですが、
厚生労働省が安全性が確認して
半強制的に国民に服用を推進しているジェネリック医薬品。

こんないい加減なことでいいのでしょうか。

結果的に国民に「安かろう悪かろう」の
中国産のジェネリックを強要していたという訳です。

もちろんジェネリック医薬品が
すべていい加減なものではありませんが、

霞が関あたりの国家公務員御用達の病院では
先発医薬品を当たり前に処方されている現状を考えると

まず、国家公務員から率先してジェネリックを
積極的に使用するようにしてもらいたいものです。



↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。
2018.07.09 Mon l 医療 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/3508-1c45ebbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)