FC2ブログ


↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。

バレンタイン。

千葉ロッテマリーンズの
監督のことじゃありません。

バレンタインデーと言えば
長い間「封印」していた
まさにチョコレートのような
ほろ苦い思い出。

小学校6年生。

卒業を間近に控えていたからでしょうか。

クラスの「女子」たち、
当時としては結構「おませ」で
好きな「男子」に
「そっと」チョコをあげたりしてました。

嘘のようですが、
ドクターフリッカーにも
「そっと」チョコレートをくれた「女子」が
いました。

いや、うれしかったですねー。

なんか、もう、
「有頂天」とはああいうことを
言うのでしょうな。

ところが、
担任の先生は厳しく

「勉強に関係ないものを
 学校に持ってきてはいけません」と

学級会で「お小言」です。

「チョコレートなんか持ってきたのは誰ですか。」

当然、誰も手なんか挙げません。
なにしろ「そっと」渡しているんですから。

怒った先生、さらに
「じゃ、もらったのは誰!」

これも、当然、手なんか挙げませんよね。
だけど、挙げたアホがいたんです。

そう、そのアホの名は
ドクターフリッカー。

「有頂天」だったからでしょうか。
今でもなんであの時、手を挙げたのか
わかりません。

まー、言い訳をさせていただくと

「いいじゃんかよ。もうすぐ、卒業なんだし、
 チョコくらいでガタガタ言うなよ。」

みたいな気持ちだったので、
つまんないところで「堂々」としてしまいました。

先生もまさか
「名乗り出るアホ」はいないと思っていたようで
とっさに 「だ、誰からもらったの?」

すかさず
「○子ちゃんです。」

答えた瞬間、

教室の空気がさーっと凍りつきました。

忘れられませんね。
今、書いてても寒くなります。

いや、
「悪いことしたわけじゃないんだから
 堂々としようよ、みんな。」
と、みんなが後に続くかと思ったんですが、

そんなことを思ったのは
ドクターフリッカーだけだったようです。

はー。

それからのドクターフリッカー、

クラスの女子に
まるで「売国奴」のような扱いをうけて
有頂天から一気に奈落の底に転落して、
暗黒の時代を迎えることになりました。

はい。

もし、
タイムマシンがあったら、
まず、一番にあの日の
「学級会」に戻りたいですね。

2009.02.14 Sat l 思い出 l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

メルヘンですね
私のタイムマシンの話はどろどろしていますが、先生のはメルヘンチックですね。
2009.02.14 Sat l あざみ野棒屋. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/357-1b479436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)