FC2ブログ


↑↑共感して頂けたら、クリックお願いします。

♪ わき目もふらずに 前だけを見つめて
     若者が駆けて行く 振り向きもしないで

ご存知、あの「北山修」が
作詞した「孤独のマラソンランナー」。

あ?
いまどきの「若者」のみなさん、ご存じない?

いや、名曲なんですよ。
「孤独のマラソンランナー」。

ドクターフリッカーが
「若者」かどうかは
まー、そっちに置いといてください。

とにかく「若者」は
走り続けるんです。

みんなに声をかけられても、
近所の子どもたちに
「どこに行くの?」と聞かれても、

機関車が横切ろうが、
飛行機がかすめようが、
髪の長い女の子に花束をかざされて
「野原に行きましょう」と言われようが、

「若者」は海に出るまで
走り続け、海岸を裸足になっても
まだ走ります。

「若者」は
何のために走るのでしょう。

仕事のため?
名誉のため?

家族のため?
自分のため?

誰のため?

そんな難しいことは
走ってみなければ分かりません。

「走ったらどうなるんだ」とか
言って、
結果を気にして走らずにいたら、

一生、そこから動けません。

走ってみなければ
海があることだって分からないじゃないですか。

「若者」じゃなく
すべて、分っている「おとな」なら
走らなくてもいいのかも知れませんが。

は?

行き当たりばったり?

まー、
そう言えば、そうかもしれませんが、
人生なんて、
「孤独のマラソンランナー」です。

みなさんだってそうでしょ。

でも、ときどき
歩きたくなっちゃうこともあります。

歩くどころか、
へたり込むこともあるかもしれません。

でも、一息ついたら
また走ればいいんです。

まだまだ「若者」のつもりの
ドクターフリッカー、

いまだ見えない「海」に向かって
走り続けたいと思います。

♪ 若者はふと立ち止まり 青空を見上げて
    出逢った人や花を 思い出してみるの
      いつまで僕は 走り続けるの

  若者はまた走り出す 振り向きもしないで ♪♪

2009.03.13 Fri l 意気込み l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

No title
この歌、私も大好きな曲の一つです。ひょっとするとドクターと同世代でしょうか。高石ともやバージョンもまた良いですよ。私もいつまでも気持ちは走る続ける若者でいたいと思います。
2009.04.18 Sat l . URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://fleaflicker.blog120.fc2.com/tb.php/384-7d7cbae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)